リハビリテーション室
リハビリテーション室

当院リハビリテーション科では、リハビリ室理念をもとに患者様が自立した生活を送れるようにリハビリテーションを実施し、最善の医療をご提供できるよう心がけております。

また、リハビリやご自身の状態などに関して患者様が不安に思っていることや、お悩み事に対し、分かりやすい説明も大切にしております。

安心・安全に日常を送れるように支援させていただきます。

 

外来リハビリテーションを行っております。膝の痛み、腰痛、肩こり等でお悩みの方は是非一度ご相談ください。



リハビリテーション室 理念

1. 現実的に症状を追い、固定概念をなくす

2. 論理的に考え、原因を追及する

3. 創造的に治療を展開する

 

入院・外来患者様、通所リハビリ(デイケア)利用者様だけではなく、在宅でもリハビリを提供できる訪問リハビリテーション事業も行っております。

また、スポーツなどの部活動を行っている学生に対するトレーナー活動も行っており、スポーツ障害に対する治療にも力を入れておりますので、お気軽にお問い合わせください。

リハビリ対象疾患

1. 脳血管疾患(脳梗塞、脳出血後遺症やパーキンソン病など)

2. 運動器疾患(五十肩、変形性関節痛、頸椎、腰椎ヘルニアなど)

3. がんリハビリテーション(副作用に対する支持療法を中心に入院時のみ)

  を対象に行っております。

がんリハビリテーション

 がん患者リハビリテーションの対象は、入院中の患者さんで、がん化学療法や放射線治療を受けている方、がんの手術治療後の方、緩和ケア主体の治療を受けている方です。

 

 がんの進行に伴って生じる障害およびがんに対して行う治療に伴って発生する副作用に対して配慮しつつ、がんやがんの治療により生じた疼痛、筋力低下、障害等に対して運動器の低下や生活機能の低下を予防、改善することを目的としています。

 

当院では、今年度、がん患者リハビリテーションに係る研修会に、理学療法士、医師、看護師のチームで参加し、がん患者さんのリハビリテーションも積極的に行っております。

 

<リハビリスタッフ>

・理学療法士:4名

・リハビリ助手:2名

(平成28年4月現在)