苦痛の少ない内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)検査

内視鏡とは、細い管状のカメラを挿入し、胃や大腸を直接観察する検査機器です。内視鏡検査によって、日本人に多い胃腸のがんの早期発見につながることが多くあります。近年では、機器の性能があがり、苦痛も少なく、10~30分程度でほとんどの検査が終了します。


検査は、「上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)」「大腸内視鏡検査(肛門から入れる大腸カメラ)」の2つの種類があります。


上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)について

当院の胃カメラは、先端の径が9mm程度の細い管(ファイバースコープ)を口から挿入しますが、咽頭反射などの苦痛が少ないように、スコープ挿入前に十分な咽頭麻酔を行います。

さらに希望により鎮痛剤(睡眠導入剤)を注射することで、苦痛が少なく上部消化管(食堂、胃、十二指腸)の検査ができます。胃カメラ(スコープ)は、画質の良いハイビジョン対応で、NBI機能(画像強調機能)も搭載されており、小さい病変や初期の癌も見つけやすくなっております。

検査の流れ

検査前日

夕食は、夜9時までに、消化の良いものをとってください。

水分(お水などの透明な飲料水)は、検査当日の午前8時まで摂取可能です。


検査当日

朝、食事はとらないでお越しください(朝の薬がある場合には指示に従ってください)。


検査中

ベッドに左向きになった状態で検査を行います。

検査時間はだいたい10分ぐらいです。

診断を確かめるために、色素をまいたり組織を採取したりすることがあります。


大腸内視鏡検査(肛門から入れる大腸カメラ)について

大腸ポリープや大腸がんは、日本人の食生活が欧米化している現在、増加している疾患です。

検診で便潜血陽性になった場合は、必ず精密検査としての大腸内視鏡検査を受けましょう。血便がみられたり、今まで便秘じゃなかったのに、慢性的な便秘になった場合などは、大腸疾患を疑い、当院へご相談ください。


検査の流れ

検査前日:

 前日の食事は検査食(レトルトパックになった既成品があります)あるいは、 消化のよいものを召し上がっていただきます。

夕食後に下剤の内服があります。


検査当日:

 朝、食事をとらないでお越しください。午前中に腸管洗浄液(液体の下剤)+水分を飲んでいただき、腸管をきれいにします。

午後2時ごろより、大腸の内視鏡検査開始となります。


検査中:

 検査直前に、大腸の蠕動をやわらげる注射や、希望により、鎮静剤や鎮痛剤の注射も併用して、苦痛が少なく検査できるようにします。

検査時間は、個人差がありますが、20分から40分程度です。

留意事項

検査中は空気でお腹が張りますが、検査後数時間でもとに戻りますので心配はありません。

検査後はベットで1時間ほど休んでから帰宅していただきます。