腫瘍内科について

 腫瘍内科とは、「がん」の薬物療法(抗がん剤治療、分子標的薬治療)を中心に、「がん」という病気に内科的な治療をする診療科です。

 

 がん薬物療法は、抗がん剤以外にも新しい分子標的治療薬(がん細胞が持つ性質を標的として攻撃する薬)の進歩が目覚ましく、がん治療の中で大きな役割を担っています。

 

 当院では、がん薬物療法専門医(腫瘍内科医)が、主に消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん、すい臓がん、胆道がん等)の薬物療法を行っています。

各がんに対する標準治療を柱として、それぞれの患者さんに最良の治療を提供できるよう心がけています。

 

 近年、適切な支持療法(副作用を抑える対処法)を、がん治療と併行して行うことで、患者さんの生活の質を高め、より安全な抗がん剤治療が可能になってきており、外来通院での治療も多くなっています。

 

 また、がんによる様々な症状(痛み、つらさ、不安など)の緩和に努めるようにしています。

 最良の治療を提供するにはチーム医療が大切であると考えます。

当院では、がん薬物療法専門医、抗がん剤治療に精通した薬剤師、看護師が連携して患者さんをサポートします。

 

 がん治療方針、薬物療法についてのセカンドオピニオンについても丁寧に対応しております。